<ドクターエディ・ラボ>ジャーナルにおける査読と編集者の意思決定(2)査読前の一次審査とは?

■2013年06月10日


 

アカデミック・コミュニケーションの教授、Dr. Eddyが医学論文のジャーナル投稿に関するイロハをやさしく解説するドクターエディ・ラボ。シリーズ5では、査読のプロセスからジャーナル編集者による最終決定まで詳しく解説します。
ジャーナルにおける査読と編集者の意思決定(2)査読前の一次審査とは? 

 

今回は査読前におこなわれる一次審査について解説したいと思います。

 

(1)ジャーナル編集者のチェックポイント

みなさんは1年にどれくらいの論文がジャーナルに投稿されると思いますか?なんと毎年おおよそ300万の原稿がジャーナルに投稿されています1。この膨大な数の論文投稿を受け、ますます多くのジャーナルが全文査読に送る前に原稿を審査する方法を採用しています。最初の一次審査では、ジャーナル編集者はどんなポイントから原稿をチェックするのでしょうか?

 

ジャーナル編集者がチェックするポイントとは…

  • 原稿はジャーナルの領域や目的に合うか?読者層の興味の対象であるか?
  • 原稿は最低限アクセプト可能なクオリティを持っているか? 内容、書き方は査読に十分値する良質なものであるか?
  • 原稿はジャーナルの投稿規程を満たしているか?

 

主に上記にあげた3つ点になります。原稿をジャーナルに送る前にこのポイントをご確認ください。
また、ジャーナルの編集者は年間数百もの原稿に目を通しています。その多数の原稿をチェックする際に編集者が最初に見る点の1つがカバーレターです。実はこのカバーレターはかなり重要と言えるでしょう。なぜなら、カバーレターを見て十分に関心を引く研究とは思えない場合、その先に読み進まないこともあるからです。したがって、著者は研究の意義と強み、そしてなぜ原稿がそのジャーナルにふさわしいのかを強調したよいカバーレターを書き上げることが肝要です。カバーレターの次に編集者は、その原稿の質が最低基準を満たしているかを判断するためにアブストラクトを読み、さらに序論、図表や他のセクションも拾い読みするかもしれません。

 

(2)一次審査におけるリジェクト事情と利点

ここでみなさんに質問です。ジャーナル編集者は一次審査の段階でどのくらいの原稿をリジェクトするでしょうか?各ジャーナルによっても違うので幅が広いのですが、だいたい6%から60%の投稿された論文をリジェクトするそうです2。また、平均21%の投稿論文が、ジャーナル編集者によって一次審査でリジェクトされるという研究結果もあります3
この一次審査の利点とはなんでしょうか? ここで大まかに2つがあげられます。

①明らかに原稿がジャーナルの領域外である場合、迅速にリジェクトをおこなうことで、著者はその原稿を他の専門領域のジャーナルを見つけることができます。

②明らかに質の劣る原稿に対して評価したりフィードバックを書いたりする場合、査読者にとっては時間の無駄となります。

一次審査をおこなうことで、著者と査読者の両方の時間と手間の無駄を省くことができるといえます。次のチャプターでは査読者がどのように選別され、査読がおこなわれるのかについて説明します。

 

参考文献:

1.0House of Commons Science and Technology Committee (2011). Peer review in scientific publicationsVol 1. House of Commons: London, UK.

2.Schultz DM (2010). Rejection rates for journals publishing in the atmospheric sciences. Bulletin of the American Meteorological Society, 91(2): 231-243. doi: 10.1175/2009BAMS2908.1.]

3.Thomson Reuters (2011). Increasing the quality and timeliness of peer review: A report for scholarly publishers [white paper]. Available at: http://scholarone.com/media/pdf/peerreviewwhitepaper.pdf

 

**********************************************

会社概要
カクタス・コミュニケーションズ株式会社
〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル10階
TEL:03-5542-1950  FAX:03-4496-4557
電話受付時間:月~金・・・11:00~24:00 土・・・12:30~21:30
URL:http://www.editage.jp/

 



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.